スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胎内高原ビール園 活性化センター 畜産加工主任 加藤 誠さん

2009年09月29日


胎内高原ビール園 活性化センター 畜産加工主任 加藤 誠さん



●胎内地域活性化センター 畜産加工主任 加藤 誠さん


 贈り物に喜ばれるハムやソーセージ。胎内高原の大自然で育てたこだわりの豚で


上質のハム・ソーセージを作る加藤さんにお話を伺いました。




 Q.加藤さんはどのようなお仕事をされているのですか?


 市営農場で大切に育てた黒豚を使った、胎内黒豚ハム、ソーセージを作る仕事をしています。

また、ネット販売やデパート、スーパーからの販売管理の仕事も行っています。




 Q.加藤さんがこのお仕事をするようになったきっかけはなんですか?


高校卒業当時はまだ中条町と黒川村は合併しておらず、この工場は黒川村で運営しておりました。

村役場に入庁して最初に配属されたのが、農畜産物加工施設でした。


その頃旧黒川村では農業と観光を、結びつけた事業を推進していたこともあり


国の制度を利用して職員を、海外農業研修に派遣していました。

実家は農家ではないのですが、農業高校を卒業したということもあり、私も一年間デンマークで




麦の手入れや養豚を学んできました。


帰国後引き続き農畜産加工施設で加工品の製造主任として働くようになったのがきっかけです。


 Q.研修はどのようなものだったのですか?不安を感じたりはしませんでしたか?


 国の事業での研修でした。22歳から23歳の間の一年間デンマークに行ったのです。




やはり不安でしたね。まず言葉が通じない!

英語やドイツ語なら今ならすぐに電子辞書で変換可能ですが、デンマークの場合、


それを英語に直してそこから日本語に訳すということをするわけですから大変ですよね。

生活様式も食べ物も違いますしね。主に、豚の世話や、麦の手入れ、ホームステイ先の


手伝いなどをしました。400頭にも及ぶブタを常に育てては出荷しての繰り返しです。


クリスマスが近づくと、クリスマスツリーを出荷したりもしましたよ。

一番気を使ったのは、ブタを殺さないように扱うことですね。商品ですからね。

帰りたくて仕方なくなったこともありますよ。なんでここに来てしまったんだろうって。

でも、三日、三週間、三か月で全く違うんですね。慣れることと、コツをつかむことで全然


変わってきましたね。

若かったので体力には自信があったのですが、それでも疲れるものだなと思いました。


農業の大変さを実感しました。


 Q.お仕事をされていて大変なことはありますか?


 食の安全ですね。特に食品衛生管理とハムに使う添加物の取り扱いです。




無添加が望ましいのだろうけど添加物を入れることで長持ちするし、入れなければすぐに


ダメになってしまう。食感もありますしね。そこが難しいところです。

食べ物は奥が深いです。人の好みがありますから、食べた人みんなに美味しいと


言ってもらいたいけれど、なかなかそうもいかないです。


 Q.やりがいや喜びを感じるときはどのようなときですか?




 やはり、お客さんに喜んでいただいた時ですね。時期的に注文が集中して欠品することが


あるんですが待ってでも買いたいと言ってくれるお客さんがいるから頑張りたいと思いますね。


 Q.休日はどのように過ごされているのですか?




子どもと出かけることが多いですね。あとは、ゴルフ、スキー、スノボに行ったりしています。


体を動かすのが好きなんです。今考えると、事務職には向いていなかったかな(笑)。


 Q、学生が社会に出るにあたりどんなことを期待されますか?




私が進学した高校は野球が強く、自分も野球をやっていてそれで自宅からは遠かったのですが


進学しました。高校の頃は休みなく野球の練習ばかりしていましたね。

私はスポーツをしていたことで、「負けたくない」という気持ちが強かったことが仕事に


繋がっていると思います。


高校時代、お盆もお正月も休みなく雑草のように練習していたので、きつい時に投げ出さない


根気がついたと思います。


人は楽なほう楽なほうに行きたくなるものですが、そこで投げ出さないことが大切ですよね。


スポーツをしていた人は強いと思いますよ。高校で一緒に野球をやり遂げた友達とは


今でも連絡を取り合っていますし、学生時代の友人は大きい存在です。


実は甲子園にも行けたんですよ・・・・・・


 Q.最後にこれからの加藤さんの目標をお聞かせください。




やはり美味しいものを作り続けたいですね。今は何事においても厳しい時代ですから、


他に負けない気持ちでやりたいです




胎内ビール 加藤さん1
胎内ビール 加藤さん2
胎内ビール 加藤さん3
胎内ビール 加藤さん4
胎内ビール 加藤さん5
胎内ビール 加藤さん6



 

◆◆◆◆◆取材を終えて


高校の野球生活は今の加藤さんを形成する大きな力になっているようです。

学生時代、何か全力で打ち込めるものを見つけたいものです。

加藤さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

JOYJOB        ニイガタ若年就労支援サークル

Author:JOYJOB        ニイガタ若年就労支援サークル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。