スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業取材  カウンセリングルームさくら 小林奈穂美さん

企業取材  カウンセリングルームさくら 小林奈穂美さん


カウンセリングルームさくら


臨床心理士 小林奈穂美さん


 


最近では、うつ病をはじめとした様々な心の問題が話題となっていますが、皆さんは認知行動療法というものをご存知でしょうか?今回は、カウンセリングルームさくらの代表であり、認知行動療法を行っている臨床心理士の小林奈穂美さんに取材に行ってきました。


Q.小林さんがこのお仕事に就こうと思った理由は何ですか?


A.最初は、アメリカの大学で社会学を学んでいたのですが、その後、新潟に戻ってきて、外国の企業に就職しました。そこでは、ブレーンストーミングなどの今の認知行動療法でも取り入れられている手法をすでに用いて、仕事をしていました。一方で、やはり社会福祉関係の仕事に携わりたいという気持ちは、ずっと持ってきました。というわけで、2000年あたりでしょうか、臨床心理学を大学院で心理学を学んで、臨床心理士の資格をとり、転職することを決意したんです。


カウンセリングルームさくらを始めたときはまだ新潟では、認知行動療法自体あまり知られていませんでした。ですが、大学院でお世話になった神村先生がホームページで紹介してくださったことや、いろいろな講演会、研修会を県内で重ねるうちに、認知行動療法とはなんぞや?というのが、次第に知れるところとなり、最近では多くの患者さんが訪ねてくださるようになりました。神村先生には本当に感謝しています。


Q.現在のお仕事の内容を教えてください。


A.木曜から日曜にかけて、1日あたり6人ほどの患者さんのカウンセリングをしています。


認知行動療法というのは、ただ話に耳を傾け共感するということではなく、クライアント様が語ってくれた情報をもとに、どうすればその困っていらっしゃることを解決するかを、一緒に考えていく、その中で、セラピストは専門家としての知識に基づいてクライアント様の支援をさせていただくという方法です


また、それ以外の曜日はスクールカウンセラーをしているので、さくらでは神村先生が担当をしてくださっています。


Q.このお仕事をやっていて良かったと思うのはどのようなときですか?


A.患者さんの困っていたことが解決したときです。今までで一番印象に残っているのは、困っていた症状が改善し、「生活の幅が広がった」と言ってもらえたときですね。


先程も述べたように、患者さんと一緒に解決に向けて頑張っていく、といった感じなので、患者さんが喜んでくれると、自分のことのように嬉しくなります。


Q.逆に、お仕事をしていてつらいことは何ですか


A.そうですね…。患者さんが「死にたい」という考えから抜け出せないときでしょうか。自分はその「死にたい」という気持ちがどのくらいのものなのか、理解しきれてないんだと思うとつらくなります。


さくらに来る患者さんはうつ病の方が1番多いです。ただ、同じうつ病の患者さんでもそれぞれ経緯も家族構成も違いますから、認知行動療法という技法自体は変わらなくとも、その人によってどのように対応してゆくのかは、それぞれ違うということを意識しています。


Q.休日はどのような過ごし方をしていますか?


A.丸一日休みという日はあまりないのですが、時間で動くのが好きなので、少しでも時間が空くとすぐに行動するようにしています。例えば、1時間あれば買い物、3時間ほどの余裕ができたらすぐに映画を観に行ったりと、フットワークが軽いとまわりからよく言われます。ゆったりしているよりは、忙しく動くのが好きなのかも知れません。常に何かやっていたいと思いますからね。昔からです。


Q.学生時代、あるいはこれまでにやっていて良かったと思うことは何ですか?


A.8年間企業に勤めて、社会性が身についたのは良かったと思います。また、大学院では臨床心理学を学びながら、発達障がいを抱える子どもたちのトレーニングをしていたことは、今でもスクールカウンセラーをする中で役に立っていますね。


Q.このお仕事に向いている人物像というのは何でしょうか?また、目指している人たちに身に付けて欲しい能力はありますか?


A.うーん、きちんと専門的な勉強をして、「自分がそれになりたい」と思い、真剣に取り組んでいれば、向き不向きは関係ないと思います。(これは私の個人的な意見です)ただ、このお仕事を目指す人には、患者さんと一緒に頑張ろう、というふうに考える姿勢を大事にして欲しいですね。


Q.最後に若者にアドバイス・メッセージをお願いします。


A.何でしょう…。私自身転職を経験していますが、職場が変わっても基本的なことは変わりません。何事も経験があっての、社会での柔軟性を身につけられると思うのです。ですから、思い立ったらまずは、やってみる。そう伝えたいです。そして、困ったらぜひさくらに足を運んでみてくださいね()



 


 




さくら 小林さん

2010年02月10日




■□■取材を終えて■□■


今まで、臨床心理士というお仕事について具体的なイメージがなかったのですが、お仕事の内容について、また小林さんご自身のこれまでの体験について詳しく教えていただきました。心理という分野で働くことの楽しさや難しさについて考えさせられました。また、カウンセリングルームさくらでは314日に「うつ病とこことのケア」という講座を開催するそうです。興味のある方は小林さんに参加申し込みの連絡の上、是非足を運んでみてください。


スポンサーサイト

企業取材 グラフィックデザイナー/アートディレクター  イナムラシンヤさん

2010年01月07日


企業取材 グラフィックデザイナー/アートディレクター  イナムラシンヤさん


グラフィックデザイナー/アートディレクター  


イナムラシンヤさん


 


私たちが普段何気なく見ているホームページやポスターなどの印刷物にも、様々なデザインや工夫が凝らされていますよね。


今回は、auのリスモのホームページを始め、新潟に在住しながら全国的に幅広くデザインの活動で活躍されているイナムラシンヤさんに取材してきました。


 


Q. イナムラさんが、デザインの仕事をしていこうと思ったきっかけはなんですか?


A. 大学生のときにしていたアルバイトです。大学内の情報処理センターというところで、事務をはじめさまざまな仕事をしていたのですが、そこには、たくさんのパソコンがありました。僕は、そこでパソコンに触れて、操作していくうちにどんどん熱中していったんです。自分で本を読んで調べたり、センターにいる先生と話をしたりして、勉強しましたね。大学時代はそのことに夢中になって取り組みました。


振り返ってみると、小さいころからアニメーションなどが好きで見ていましたし、デザインにも興味がありました。あのアルバイトを通して、興味のあったことに熱中できたことが今の仕事につながっていると思います。


――イナムラさんは、大人になって夢中になっていることに対して「そういえば自分は、幼い頃も同じようなことに興味を示していたかもしれないなぁ。」と気づくこともあるそうです。成長して夢中になることは、そこでいきなり興味を持ったことではなく、案外昔からもっている感情なのかもしれませんね。




Q. イナムラさんが、新潟在住でお仕事を続けている理由はなんですか?


A. 僕のしている仕事がインターネットが媒体ということもありますが、新潟にいることで、自分の個性になるからですね。確かに、東京には仕事がたくさんありますし、現在頂いている仕事も東京のプロダクションから依頼されたものが多いんです。東京は最先端な場所で、優れた知識をもった人に刺激をもらえます。でも東京では感じられない自然の豊かさが新潟にはありますよね。新潟にいることで、人間的にも、作品にも個性が表れてくるのではないかと思っています。


しかし、新潟と東京では情報量に差があります。そのため、自分から行動しなければ短期間で大きな遅れをとってしまうのです。クライアントとの会議の際に「分かりません」ばかりでは話にならないどころか、仕事ができません。新潟に住んでいるからこそ「この人に頼んで良かった」「この人にしか出来ない」と言われることが大切です。そのため、日々、最先端の知識を学び、流行や時代の流れを感じることで、クライアントにプラスアルファを与えられるよう、日々努力しています。


――現在は地元から離れて東京で仕事をする人が多い中、イナムラさんは地元に住み、活躍されています。私達にはイナムラさんの活躍しか見ることができませんが、その背後には日々の努力があってこそ、新潟でのお仕事を続けられているのですね。




Q. 仕事をしていく上で必要なことは、何だとお考えですか?


A. やはり一番は好奇心ですね。人から与えられたものだけやるようでは限界が出来てきます。それでは良い方向には進みません。常に疑問を持てる人になることが大切だと思います。ちいさなことにも「これってどうなってるんだろう?」と疑問を持つ。少しでも気になれば、インターネットで調べたり、様々なところへ出掛けたりしています。


それからコミュニケーション能力も重要ですね。何をするにも、依頼者がいて、作成者がいて、それを見る人がいて・・・。全てが人との関わりによって成り立っている。誰かがいるから仕事がある。仕事という字は「仕える事」と書くじゃないですか?


最近は「好きなことを見つけられない、だからどんな仕事に就いて良いのか分からない」といって就職活動に悩む学生も多いようですが、僕は、まず「自分を知る」ということをするべきだと思います。自分を知らなければ、好きなことも見えてきません。そして自分を知るためには能動的になることが必要です。先程も言いましたが、待っているだけでは得られるものには限界があります。自ら行動してこそ見える自分があるんです。あとは、過去を振り返ってみることも良いですね。僕みたいに、今興味を持っていることは、過去にも何らかの形で興味を持っていたことが今に繋がっているかもしれませんから。




Q. 自分の納得するデザインができないときはどのようにしていますか?


A. 友達や家族と飲みに行きます(笑)いや、それをすることでアイディアが浮かんでくるわけではないんですけどね。考えててもだめなんですよ。仕上げるまで一週間という場合があれば、最後の三日で仕上げることにして、それまでは何もしないこともありますよ。だからぼーっとして過ごすことも多いんです。


何も構想がないときに作り出しても満足いくものは作れません。文章でもデザインでも何でも作成する前の段階が大事なんです。作り始める前に、細部まで神経が行き届いた良い構想を立てることが、良いものづくりに繋がります。設計図なしで、良い家は建ちません。


――時間がないときは、さっさと仕上げてしまいたくなりますよね。私は何の考えもなしに授業のレポートなどに取り組んでしまいがちです。「納得のいくものを作りたければやはり時間をかけて、構想を練り、書いた後には時間をおいて読み返すこと。」イナムラさんが話す真剣な目でお話してくださいました。




Q. イナムラさんはなぜフリーランスという形態で活動しているのですか?


A. 僕には決まった師匠がいないのですが、裏を返せば、たくさんの師匠がいる、ということなのかもしれません。一見、フリーランスは孤独に見られがちですが、僕の制作の現場では、東京の多くのスタッフと共にチームを組んでプロジェクトを進行しています。


短くて1週間、長くて半年間、短期的な組織を組んで仕事をするため、年間を通してとても多くの方と苦楽を共にします。そこで語り合い、助け合いながら直接刺激を受けてきたんです。自己流であるため「こうしなければいけない」という固定観念がなく、これまで関わった、本当に沢山の方から非常に多くのものを学び、柔軟に吸収できました。


また、自己流には失敗がつきもの。フリーランスであることで、他の方よりも失敗は多かったと思いますが、それを糧にしてきました。失敗から学ぶことは多く、失敗は僕にとって唯一の正式な先生ですね。今でもトライの繰り返しです。僕はあともう数年は勉強が必要だと考えています。多くの人と出会い、多くの議論を交わし、もっと多くの経験をするには、フリーランスという柔軟且つ身軽なフットワークが、今の自分にとって必要不可欠なのです。


――私たちは日ごろ、はじめから先生や先輩などの意見を聞いて、それをそのまま鵜呑みしてしまうことがありますよね。イナムラさんの場合は、最初から自分なりのやり方で挑戦と失敗を繰り返し、その場その場で出会った人々と語り合いながら学んできたことにで、素晴らしい作品を作り出しているのですね。




Q. イナムラさんのこれからの展望をお聞かせ下さい。


A. 更なるレベルアップを目指したいと考えています。舵を取るは自分ですから、柔軟な考えと個性を持って、楽しんで仕事をしていきたいですね。これから挑戦していきたいことはたくさんあります。とにかく多くの人を感動させたい。自分の作品を多くの人に見てもらいたい。やるのなら結果を出したいんです。ただ作って、誰にも見てもらえずにそれで終わりではつまらないですよね。


僕は将来について具体的には考えていないんです(笑)ぼんやりと進むべき道のイメージはあるのですが、まずは目の前の道をしっかり進まないと。きっと、それを続けていけば何かが見えてくると思うんです。「念ずれば花開く」という言葉は僕の座右の銘です。もちろん、何もせずに願っていれば叶う!なんていう易しい意味ではありません。「こうしたい!」という強い思いがあれば自然に自分の体がその方向に動きが始める、努力し始めるのだと思います。




――最後にイナムラさんが作品に対する思いをこう話してくださいました。


僕は仕事で「営業」をしていません。それは、僕のつくる作品が営業の役割も果たしているためです。良いものを作れば話題になる、話題になれば多くの人が見てくれる、多くの人が見てくれれば制作依頼のオファーを頂けます。そのためには、「目に見えないものが大事」。人に感動を与えるには、目に見えるものだけでは限りがあるのです。そもそもデザインという仕事は、目に見えないものを目に見える形に変える仕事ですから。


依頼者が僕に仕事を依頼する理由は、僕に望むものがあるからですよね。その依頼者が抱える悩みやニーズ、それらも目に見えない物のひとつです。それらを的確に引き出し、解決策を考案し、制作という手段で解決する。単一の視点ではなく、常に相手の立場に立ってものを考えることが大切です。クライアント(依頼者)、ユーザー(利用者)、クリエーター(制作者)という3つの視点から、一番良い答えをすばやく導き出す。まるで、病気を治すお医者さんに似ていますね。


 


 *******取材を終えて*********


今回、私はデザイナーとしてのイナムラさんへの取材にうかがいましたが、デザインやお仕事に対する考えだけでなく、働くことやものを作ることに関しても情熱あふれる貴重なお話を聞くことができました。


イナムラさん、お忙しいところ本当にありがとうございました!


JOYJOBメンバー報告

「新潟市立西川中学校保護者セミナー」に同行して
        JOYJOB新人 じゅんじゅん



今回、私は「子どもの将来は親子合作協同作業で 

~職業教育の重要性と今、家庭で出来ること~ 」



というテーマを基にしたセミナーに同行させていただいた。

久しぶりに中学校に足を踏み入れると、母校というわけではないが、

とても懐かしい感じがした。

そして自分の中学時代の様々な思い出が蘇ってきた。
セミナーが始まる前に、校長先生と主任の先生に時間を割愛してもらい、

少しお話をさせて頂いた。最初は、1人の生徒という立場で

お話させていただいていたが、先生方は大学生である私を対等な

大人という立場で扱って下さった。

これからは、自分の言動にしっかりと

責任を持たなければならないのだと強く感じた。
実際にセミナーが始まると保護者の方々の目つきが変わり、

一字一句聞き漏らすまいと真剣に耳を傾けていた様子からは、

子どもに対する教育の熱心さを窺うことが出来た。

また、セミナーの内容で印象に残ったのは親子同士の

コミュニケーション不足から、

親子間での職業に対する意識のズレが大きくなっていることだ。

話をすると子どもが反発することもあるだろう。

しかし、何度も言えば子の耳には言葉が残り、

その言葉と共にある思いが心に残る。私自身がそうであった。

私は、人間のみに与えられた言語理解能力を最大限に活かして

沢山の人々と思いを共有して欲しいと考える。

なぜなら、人の印象はほとんどが見た目で決まってしまい、

その第一印象は容易くは変えられないが、

それを唯一変えられるのは対話だけであるからだ。
私はセミナーに同行する前まで、働くことの楽しさばかりを探し求めていた。

しかし、それは間違いであった。

楽しさと苦しさがあってこそ職があり、

楽しいだけではただの趣味だということに気が付いた。
まだまだ未熟な私ではあるが、

ニイガタ学生サークル「JOYJOB」の活動を通して色々な社会人の方々と

触れ合ったり、様々なセミナーに参加したりすることで、

自分の生き方・働き方について今後とも考えていきたいと思う。

そして、その活動で得た情報を発信することで

他の学生にも良い影響を与えていきたい。

プロフィール

JOYJOB        ニイガタ若年就労支援サークル

Author:JOYJOB        ニイガタ若年就労支援サークル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。