スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業取材 新潟綜合警備保障 廣田幹人様 中川香織様

企業取材:新潟綜合警備保障 廣田幹人様 中川香織様

7月23日
 皆さんは普段の生活のなかで、身近な「安全」について考えたことはありますか?

今回はお店や学校、さらにはテレビCMなど、新潟に住んでいる人なら誰でも一度は見かけた

ことのある、新潟綜合警備保障さんに取材に行ってきました!

 応じていただいたのは、代表取締役社長の廣田幹人さん、新潟大学のOGである人事部の中川香織さんです。




最初は、警備というお仕事の内容について質問しました。



Q.警備のお仕事とは、具体的にどのような分野に分かれているのですか?


 センサーによるセキュリティが中心で、その他には交通誘導、現金輸送、金融機関の

アウトソーシングなど多岐にわたっています。最近ではホームセキュリティが広まっており、

こちらも力を入れています。



Q.警察と警備の違いとはなんでしょうか?


 目的が大きく違います。

私たちには逮捕権がないですし、犯人を捕まえることが仕事ではありません。

民間のサービスですから、契約しているお客様の情報をいち早くキャッチして、被害拡大の

未然防止を図ることが一番の目的です。これは目に見えない地道な活動ですが、地域社会の

安全を確保するためには無くてはならない社会にとって絶対に必要な仕事なんです。



Q.実際に危険な現場に直面することもあると思うのですが、どうようにして安全が守られているのですか?


 まずは担当する隊員の安全確保を最優先に教育を徹底しています。

できる限り危険を避けるために、「駆けつけたら不用意に入らない」「明かりをつけて接近しない」

などの決まりがあります。社員には柔道や剣道など体術の心得がある人も多くいます。

ですが、想像力を働かせて間違いのないアプローチをするなど、現場での冷静な判断がより重

ですね。



Q.警備のお仕事は男性が中心だと思うのですが、女性が活躍する場面などはありますか?


 あります。新潟空港でのボディーチェックは女性の細やかな対応が必要ですし、他に管制の通報

連絡や電話交換業務などは女性が中心です。

機動隊などで女性が働くことは全国的にみても稀です。しかし、今後は巡回やパトロール、

ホームセキュリティの救急対応など、日常の業務も女性にやってもらいたいと考えています。



Q.お仕事をする上で人間関係やチームワークが重要だと思うのですが、
どのようにして養われるものだと思いますか?



 「企業文化」ですね。本やマニュアルなどの形ではなく、肌で覚えるもの、伝えていくものだと思

います。


上手なコミュニケーションと言うと難しいかもしれませんが、「こうしたら相手はどう思うだろう」と

想像する、相手の表情を見て、つらそうなときは声をかけるといった、心のキャッチボールが

大切です。そういった思いやりの気持ちが先輩から後輩へと受け継がれて、今の職場での関係や

チームワークがあるのだと思います。



次に、廣田さん、中川さん個人についてお伺いしました。



Q.廣田さんは社員の方々のことをとても大切にしていらっしゃいますが、その背景にあるものがありましたら教えてください。

 そうですね・・・。たとえば社内でなにか問題が起きたとき、以前は問題を起こした本人など、

その原因を自分の周囲に対して向けていました。しかし、「問題を起こしてしまうシステム

そのものが悪い」という考え方に出会い、それまで外に向かっていたベクトルを自分に向けるように

したんです。



それから、自分も周囲も変わり始めました。

責任から逃げないという覚悟は上司には絶対必要です。

それが唯一の仕事だといってもいいくらいです。会社というのは、格式や形式ではなく、

「社員がどう思うのか」が大事です。

ですから、社員が「入って良かった」と思える会社づくりを常に心掛けています。


Q.中川さんがこのお仕事に決めた理由はなんですか?


 一番は、面接などの就職活動を通じて、会社全体が持つ雰囲気や空気感が自分に合っていると

感じたからです。

それでも、実際に働いた当初は忙しさについていけないときもあり、イメージとのギャップに

苦しむこともありました。ですが、そんなとき先輩方にとても助けられました。


私自身の経験もそうですが、人を育てる環境というものがとても整っているのだと感じました。

また、一緒に働く皆さんの笑顔や、人間性がとても魅力的だと思います。



Q.お仕事をしていて、やりがいを感じるのはどんなときですか?


(廣田さん)社員の皆が笑顔でいるときですね。働いている社員の表情が生き生きとしていると、

安心します。表情というのはとても大切で、相手が心地いい笑顔だと自分も心地よくなりますから。


具体的にやりがいを感じたことを上げるならば、2009年の新潟国体のオペレーションをしたとき、

1件の事件・事故も起さなかったことです。関係者の方々からもかなり高い評価を受けました。

このようにうちの会社でなければここまでできなかっただろうと思えるとき、とても充実感を感じますね。


(中川さん)やはり納期に間に合ったときでしょうか。

人事部の仕事は採用や研修だけでなく、社員の表彰や各種手続き、資格検定、人事異動など、

とにかく幅が広いんです。
そしてそれぞれに提出の締め切り、つまり納期があります。


仕事が順調に進み、納期に間に合うように完成したときは、すごく達成感があります。

その気持ちが、次の仕事へのエネルギーにもなるんです。



Q.最後に、このお仕事に就きたいと思う学生に対して、求める人物像や身に付けてほしい
能力を教えてください。


(廣田さん)特に突出した能力などは必要ありません。きちんとしたあいさつができて、

約束を守れる、自分の行動に責任がもてるなど、当たり前のことができる普通の人がいいですね。

強いて言うならば、チームワークが大切な仕事なので、皆と共感することができたり、

周りを思いやることができるようになってほしいです。





<取材を終えて>
 普段の生活では、なかなか「安全」というものを意識することはありませんが、
それは周りで安全を守るためにお仕事をしてくれる方々がいるからなんですね。
廣田さんの「警備は絶対に必要な仕事」というお言葉に改めて考えさせられました。

また、私は想像力というのは「これから何が起きるか、その先をイメージする」ものだと
考えていましたが、廣田さんのおっしゃる「他者への想像力」をこれから大切にしていき
たいと思いました。
そして、中川さんは先輩方の雰囲気や魅力についてお話してくださいましたが、ご自身も
とても素敵な笑顔で、話している私たちがとても心地よくなる雰囲気をもっていらっしゃいました。
廣田さんのおっしゃる笑顔の大切さがよくわかりました。


廣田さん、中川さん、本当にありがとうございました!


そして、廣田さんにJOYJOBを紹介していただき、取材にも同行してくださった山下萌絵さん、
大変お世話になりました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

Tierra 佐久間さん

2009年04月15日


Tierra 佐久間さん


Tierra(ティエラ)佐久間さん

 

人には、ターニングポイントと言われるような出来事がある。

結婚も、その1つに挙げることが出来るのではないでしょうか。

今回は、そんなブライダルの衣装を扱っているTierraの佐久間さんに


取材に行きました。


ティアラ

 

Q,この仕事に就きたいと思ったのは、理由は何でしたか?


 


A,以前は、アパレル業界に勤めていましたが、自分の結婚がきっかけでしたね。


お店を回りましたが、自分が本当に着たいと思うウエディングドレスが見つからず、


それなら、自分で花嫁が着たくなるドレスが揃ったお店をやってみようと思ったのがきっかけです。


友人と共同オーナーという形で、この仕事を始めました。



 


Q,Tierraをスタートさせるにあたって不安はありませんでしたか?


A,実際に起業という形で仕事を始めましたが、特に不安を感じることはありませんでした。




自分の楽観的な性格もあると思いますが、仕事を始めるにあたって、準備を出来るだけやっていたこともあったと思います。



 


Q,実際に、お仕事はどのようなことをしているのですか?


A,お客様と打合せを行い、衣装を決めていきます。お客様へのトータルコーディネートなども




やらせていただいています。お客様に1人1人が満足してもらえるような結婚式を挙げられるように


コミュニケーションをとって衣装選びを行います。



 

Q,このブライダルの仕事の魅力はどんなところですか?


 


A,結婚ということで、お客様の幸せな時間に携わることが出来るところですね


一緒に嬉しさを共感しながら、仕事に取り組めています。またお客様に接する時間が長いこともあり、


つながりを深く結べることもやりがいにつながっています。



 


Q,反対に、この仕事の難しさはどんなところにありますか?困難を乗り越えるにあたって、


心掛けていることもあったら、教えてください。




 


A,ブライダルは、多くの人にとって一生に一度の経験ですから、失敗の許されない仕事だと感じています。


そのために、お客様の気持ちをしっかり把握すること、話を聞きながら、こだわりを把握するなど、


細心の注意を払いながら、仕事に取り組むようにしています



 

 

Q,6月はジューンブライドなど呼ばれますが、季節によって忙しい季節などありますか?


 


A,新潟という土地柄もあると思いますが、1、2月は雪ということもあって、普段よりはお客様の数は減りますね。


後は平均して、どの季節もお客様がいらっしゃいます。結婚式もガーデンウェディングやレストランウェディングなど、


個人のニーズに合わせる形が増えていることや、また2次会の衣装でも、


ウエディングドレスが着たいというお客様も増えています。



 

 

Q,仕事の際に、いつも持ち歩いている道具などありますか?


 


A,デジカメとパソコンは必需品です。自分が気に入ったものなどをカメラで撮ったり、


また、ウエディングドレスの後姿を撮影して、撮影したものをパソコンに映してお客様に見てもらったりしています。



 

 

Q,休日は、どのようなことで気分転換を図っていますか


 


A,ずっと家にいることはせず、外に出歩くようにしていますね。外に出ることで色々な情報をキャッチして、


情報収集に努めています。また、月に1回くらいは東京にも出て、最先端のモノを見たりしていますよ。



 

 

Q,社会人になって、自分が変わったなと思うところはありますか?


 


A,自分には怠け癖があるのですが、実際に起業をしてみて、やれるとこまで、しっかりやって、


そこで休むようになったと感じています。



 

 

Q,これを経験してきて役に立った、これをしておきたかったというものはありますか?


 


A,今までの自分を振り返ってみて、やらなくて良かったという経験はなかったような気がします。


何かしら、色々な経験が役立っていると思います。これをしておきたかったものは、いっぱいありますよ。


その中でも、自分が本当にやりたかったものは、1つ1つ実現してきたのかもしれませんね



 

Q,最後にこれから社会に出ていく若者にメッセージをお願いします。


 


A,そうですね、人生は1度きり、自分がやりたいと思うことを、ぜひやってみてください


様々な困難はあるかもしれませんが、それでも、自分のやりたいことであれば、きっと楽しいと感じるはずです。



 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆取材を終えて


 


特に店内の空間で気をつけていることはないと言っていた佐久間さんでしたが、


私は全体的に照明やディスプレイなど、明るく暖かい印象を受けました。


お客様が幸せな気分で来客することから、受け入れる側も同じ幸せを共感できる空間であると感じました。


華やかな結婚式も、衣装側との打合せ、支えがあって成り立つものだと勉強できました。



お忙しいところ、佐久間さんありがとうございました。

 

婚礼・イベント司会者 鈴木小夜子さん

2008年06月23日


婚礼・イベント司会者 鈴木小夜子さん


            婚礼・イベント司会者   鈴木 小夜子さん









  幸せの舞台「結婚式」から、「イベント」「式典」の司会まで、幅広くご活躍中の鈴木さん。華やかな明るさと女性らしさ溢れるパワーの源をお聞きしました!!
 





Q.どうぞよろしくお願いします。鈴木さん、前職はバスガイドを

     されてたんですよね。


A.そうです。友人に勧められ、ガイドから司会業に転職しました。

     以前はビデオもDVDもなく、バスの中ではガイドが勝負。

     だから、「話題」と「知識」を豊富に用意して、お客さんを惹きつける

     トークをしなければならなかった。スケッチブックを使って、

     地理の絵やクイズを描いたりね。













婚礼・イベント司会者1
今回お話をうかがった鈴木 小夜子さん  




Q.ガイドと婚礼の司会って全く違いますよね。ガイドはお客さんの注目を

     浴びるけれど、婚礼の司会はお客さんからは目立たない場所にいますよね。


A.新郎新婦がメインで、司会者は黒子だから目立ってはいけないんだよ。

     違いといえば、ガイドは独特の口調があるけど、司会者はアナウンサー

     のように正しい発音で話すことですね。

     そして、アドリブも入れながら、進行通り進めて会を仕切っていかないと。





Q.司会のお仕事で苦労されている点は?

A.苦労ではないけれど、進行にはないハプニングが起こった時

     などの適切な対応が求められます。苦労はないですね。





Q.それが「やりがい」や「モチベーション」になっているのですか?

A.そうです。今の仕事をやめたいと思ったこともないし、

     毎回違うイベントに行って、違う人と会って・・・という環境は

     とても楽しいですね。婚礼では、新郎新婦の幸せそうな様子や感動的な

     場面に立ち会うことができるし。やはり、

     「鈴木さんに頼んで良かった!」と言って頂けることが、

     司会者としてとても嬉しいですね。





Q.「3年で3割の新卒者が辞めてしまう」という現実がありますよね。

     若者には忍耐力が足りないのでしょうか?


A.そうではないと思う。でも、「本当にやりたい仕事に就いて働いてる人」

     は世の中にどのくらいいると思う?そういう人は圧倒的に少ない。

     きっと、仕事を探す時「就職」という言葉に

     捉われすぎるからじゃないかな。「福利厚生・職種・勤務地」

     といった「条件」で選んでいませんか?

     もし、本当にやりたい仕事なら、多少辛くても大変でも辞めないでしょう。





Q.なるほど!私も今就職活動をしているので、ドキッとしました・・・。

     条件で選んでいないかと聞かれたら、「違います!」と

     胸を張って言えないかも。じゃあ、本当にやりたいことを

     見つけるために、何かアドバイスはありますか?


A.残念だけど、それは「頑張って見つけられるものじゃない」と思うよ。

     だから、「恐れず何でもやってみること」が大切だと思う。

     「失敗するのが怖い」という人がいるけど、「失敗した」ではなく

     「勉強になった」と思えばいい。あと、自分が「できないこと」を

     見つけるのもいいかも。私は「じっと黙っていられない」ので、

     人と話さない職業は向いていないんだよね。

     自分にとって、「できないこと」から考えてみるのも。





Q.すごく参考になりました。

     ところで、鈴木さんとても明るくて素敵な方だなと思うんです。

     ちょっと話しただけで、今私までパワーをもらっている気がします。

     普段心がけていることはありますか?


A.「女をなまけないこと!」ですね。女性は40歳が分岐点と言いますから。

     その後もキレイでいられるかの境目らしいですよ。

     そして、外見だけでなく中身を磨くためにも

     「いろんな人と会って話をする」ようにしています。でも、マイナスの

     発言ばかりしている人とは距離を置く。

     そういう負のオーラは伝染してしまうから、気をつけて。





Q.では、今後の夢や目標はありますか?

A.資格取得や勉強をもっとしたいですね。

     将来は自分のお店を持ちたいです。そのために、人脈を広げて

     お仕事を頑張っています。いい言葉を紹介しますね。

     私の尊敬する方からの言葉に、

     「人に対して、常に『感謝』や『許す気持ち』を持ちなさい」って。

     あなたのことを、1/3人は「好き」、1/3の人は「嫌い」、

     1/3の人は「どっちでもいい」と思っている。全ての人に好かれる必要もないし、

     その逆もない。でもやはり、一番大事なことはこういう言葉や

     アドバイスを「聞く」だけじゃなく「実践」することですね!


JICA国際協力推進員

2008年02月19日


JICA国際協力推進員


JICA国際協力推進員 鎌田みどりさんへのインタビュー


 


 JOYJOB  鎌田さん


 


 


JICA国際協力推進員はどんな仕事をしているのですか。


 


推進員は各県の国際交流協会などに配置されています。推進員の仕事は地域の国際協力活動をサポートしたり、JICAの活動を市民の方々に知っていただくことです。学校で行われている国際理解教育を支援したり、協力隊OBの講演会、NGO講座などのセミナーや国際協力を考えるイベントを開催しています。また、協力隊に派遣された人のフォローや協力隊参加希望者の相談も行っています。


 


協力隊はご存じですか?


 


青年海外協力隊ですよね?その人たちは実際どんな仕事をしているのですか?


 


教育、医療、農業、土木…など本当に多種多様な仕事があり、現在約120種類の職種があります。それぞれが各専門分野の能力を活かして活動しています。


 


実は私も協力隊のOBなんですよ。


 


そうなんですか!どちらへ行かれていたのですか?


 


アフリカのジンバブエという国です。小学校で2年間音楽を教えていました。私は学生時代音楽を専門に学んでいたんです。



 


協力隊の人は2年の派遣を終えたらどうしているのですか?


 


実は、協力隊に行く人のうち、2割の人は働いている会社を辞めずに協力隊に参加しているんです。そういう人たちは、海外で2年の活動を終えたら元々勤めていた職場に戻って働きます。それ以外の人は就職活動をします。


 


そうなんですか。ちなみに、鎌田さんは?


 


JICAは協力隊帰国後就職相談ができるカウンセラーを配置しているのですが、私も相談に行ったところ、新潟で国際協力推進員の募集があると聞き、受けてみたところ採用されたのです。


 


推進員の仕事の大変なことは何ですか?


 


仕事の種類が多いことです。イベント開催にしても、企画、会場確保、ゲストを誰にするか、広報など、その全てをやらなければいけませんから。


あと、出張が多いことです。県内広いので移動が大変です。(笑)


 


では、この仕事の面白さややりがいは何ですか?


 


この仕事の面白いことは、たくさんの人に会えることです。この仕事は「人と知り合いになることが仕事」とも言われることがあります。仕事柄、いろんな所へ出向いて人と会うのですが、地元で頑張っている人たちからいつもパワーをもらえます。いろんな人から聞いたお話がつながって企画ができたり、あの人とこの人を引き合わせたら良いのではないかと考え、人と人をつなげたりします。


 


推進員の仕事の中では実際に途上国の現場で困っている人たちがハッピーになっていく姿というのはなかなか見えないのですが、少しでも彼らの生活が改善される様子がうかがえると嬉しくなります。


 


鎌田さんにとって「働く」とはどういうことですか?


 


いよいよ本題ですね(笑)自己実現です。


 


自己実現!素敵ですね。


 


 


  


インタビューを終えて


鎌田さんは興味のあることに意欲的に挑戦し行動されてきた方で、お話を伺っていてそのエネルギーが伝わってきました。今後も途上国と関わる仕事をバリバリやっていきたいとおっしゃっていました。「働くことは自己実現」というのが素敵だと思いました。


弁護士

2007年12月13日


弁護士


 弁護士 今井 誠さん


 


 


   JOYJOB   今井さん



 

今井さんが弁護士として働くきっかけはなんだったのですか?



中学校を卒業した後に、様々な職業を経験しました。ガソリンスタンドや工場などで働くこともあり、

労働環境があまり良くないことも肌で感じていました。学校の先生や労働基準監督官の道もありましたが、それは実現せず、法学部ということもあり、司法の道を選びました。


 




司法試験を突破し、検察官、裁判官、弁護士の中で、弁護士を選ばれた理由は?



様々な仕事を見てきた上で、労働者の役に立つ仕事がしたいと思ったからですね。



この仕事をしていて、嬉しいと思うことは何ですか?



やっぱり、人に頼られることでしょうかね。弁護士というのは、日常生活の問題においてどうしようもない困難を抱えた人を助けられる仕事だと思います。私たちによって量刑が軽くなったり、執行猶予がつくなど、結果を通して感謝されること。それが仕事の生きがいでしょうね。



反対に、仕事をしていて辛いと思うときはどんな時ですか?



辛い時や困難だと思うときのほうが多くありますね。医療の現場では、患者といった相手を見ればよいですが、弁護する場合、それは依頼者(クライアント)だけを見ればいいのではなく、相手が存在します。

こちらの言い分、相手方の言い分もありますから、そういう点の辛さ、またケースによっては何年も続くような厳しい戦いもあります。事件によって千差万別でもありますね




今まで、弁護士の仕事を30年と続けられて、弁護士への依頼は変わったりしていますか?



裁判訴訟までいく数を見れば、それほど変わりはないと思います。しかし、最近の世の中で破産や

多重債務が増えているように実感します。




弁護士の仕事をするにあたって心がけているということはありますか?



事件が千差万別であることから、広い視野を持つように心がけています。仕事や趣味でもそうですが、人との交流を通して、自分が色んな人とつながっているので。今までやってきたことに対して、マイナスになったと感じることはありません。色んな人や企業に出会うことで、いつも勉強していると感じますね。あらゆる業界のことを広く、浅く(時には深くですが)知ることですね。




最後に学生のアドバイスをお願いします。



第一に勉強することでしょうね。また15歳から25歳という年齢は、人生の中で大事な時期だと思い

ます。あらゆる事に触れて、良い意味での人間関係を築くことが大切だと思います。私は楽器や語学があまりできなかったので、もう少し時間の使い方を考えればよかったのかとも感じます。何か夢中になれることを探して、集中してみてください。



今井さん、お忙しい中ありがとうございました。


プロフィール

JOYJOB        ニイガタ若年就労支援サークル

Author:JOYJOB        ニイガタ若年就労支援サークル

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。